組織案内

組織概要

理事長 坪井 明治
所在地 〒450-0002
名古屋市中村区名駅4-4-38
愛知県産業労働センター15階
設 立 1949年 「愛知県商店街連盟」
1964年 「愛知県商店街振興組合連合会」
会員数 141組合
商店街振興組合 … 126組合
協同組合 … 6組合
発展会 … 9組合
愛商連のロゴマーク

愛知県商店街振興組合連合会
ロゴマーク

ロゴマークは愛知の「A」と
あしたんの足を
イメージしています

愛商連理事長

理事長あいさつ

我が国経済は、緩やかな回復基調が続き、個人消費は持ち直しつつあると言われておりますが、消費者の節約志向は強く、商店街・中小小売商業者の多くは景気回復の実感がない状況にあります。我々の商店街を取り巻く環境は、少子高齢化、後継者不在、大型店の出店・撤退に人手不足など厳しい状況が続いております。

このような中、今年の10月には消費税率が10%に引き上げられるとともに、8%の複数税率も導入されます。消費税率の引き上げは国民の消費生活に大きな影響を与え、景気が後退する恐れがあることから、国や国会議員などに対し、消費に即効性のあるプレミアム商品券発行事業の実施を強く要望した結果、1,723億円の予算が認められました。
愛知県においても、プレミアム商品券発行事業を市町村が実施する場合に支援する「消費税率引上げ対策事業」が講じられ、消費喚起対策の充実が図られました。各商店街においては、独自の工夫を凝らすなど、さらなる消費の喚起につなげていただけることを期待しております。

また、新たな需要を掘り起こすチャンスがあるキャッシュレス化の推進には「キャッシュレス・消費者還元事業」として、2,798億円の予算が認められました。
さらに、商店街活性化と新たな来街者を創出する「商店街活性化・観光消費創出事業」50億円の予算も認められました。

商店街は厳しい環境が続く中にあっても、地域コミュニティの拠点として公共的な役割・機能を担い、歴史・文化の継承、地域の安心・安全を守る社会的責任を果たしております。
今後も、国、県等と緊密に連携を図り、様々な施策を活用し、地域のニーズに応えて行動する「人にやさしく地域に愛される商店街づくり」に努めてまいります。

本年、節目となる55周年を迎える当連合会としては、55周年式典を始め商店街の新たな課題であります事業承継への対応として、相談窓口の設置やリーフレット作成・周知を行う「事業承継税制対応事業」を重点に、地域の学生、関係団体等と連携した地域イベントや商品開発等を行う「商店街連携支援事業」、小さい事業規模でにぎわいと販売促進活動事業へ助成する「あしたん補助金」、地域の防災・防犯活動を支援する「安心安全活動支援事業」、「青年部、女性部活動支援事業」、「商店街逸品名品テストマーケット」、「IT活用促進事業」などの事業を実施してまいります。

令和元年度の当連合会事業に、会員各位の格別なご理解とご協力をお願いいたします。

愛知県商店街振興組合連合会
理事長 坪井 明治

事業計画

  • 1. 総会・各種会議

    通常総会、正・副理事長会、常任理事会、理事会、事業委員会等の各種会議の開催及び全国商店街振興組合連合会主催の連絡会議に出席し、全国の商店街の情報収集を行い、会員へ周知する。

  • 2. 商店街指導事業

    1. 商店街指導事務

      会員組合への巡回指導、全国商店街振興組合連合会が行う役員研修会、青年部指導者研修会、女性部指導者研修会及び職員講習会への出席等を行う。

    2. 商店街青年部・女性部活性化推進事業

      ■ 青年部 県内の青年部員を集めた総会及びセミナー、県外の先進的活動を行う青年部との交流を通じて、青年部内の連携の強化を図る。 ■ 女性部 県内の女性部員を集めた総会及びセミナー・情報交換会、県外の先進的活動を行う女性部との交流を行い女性部活動の実践的な情報の習得を行う。

    3. 情報提供事業

      ■ 情報紙「ぷろむな~ど」の編集発行 商店街活動にとって有益な情報の提供及び各地のイベント情報の提供等を行う。 ■ 情報連絡員 情報連絡員として、毎月、商店街関係者から地域商業の現状、大型店の動向等を収集する。 ■ 愛知県商店街振興組合連合会のホームページ 「あしたんねっと」の運営を行う。

    4. 商店街近代化講習会

      商店街が、地域コミュニティの担い手として、また、地域の歴史や文化を承継・発展させるため、専門家のアドバイスをいただきながら、地域活性化のための方策を探る。

    5. 商店街活性化アドバイザー派遣事業

      アドバイザーを派遣し、商店街固有の課題について検討を行い、商店街の活性化を図る。

    6. 事業承継税制対応事業

      ■ 商店街の課題である事業承継問題等に対応する相談窓口の設置 ■ リーフレットの作成・周知

    7. IT活用促進事業

      ITを活用し、特徴ある商店街をPRすることで、商店街の活性化を図る。

  • 3. まちづくり事業

    商店街が行うまちづくりに資する活動を通じて、商店街の社会貢献をアピールするとともに、組織強化につなげる。

    1. まちづくり事業

      ■ 安心安全活動事業 大型店の進出やライフスタイルの変化に拍車がかかり、街の安心・安全が脅かされている中、「商店街子ども110番」の推進、そして、商店街が行う防犯防災啓蒙活動の促進を図るための事業を行う。 ■ 商店街連携支援事業 地域の学校・NPO・地域団体等と連携し行う、イベント・商品開発等の支援を行う。 ■ 青年部・女性部活動支援事業 商店街のおかみさん会が行う地域に根差した活動を推進・支援する。 ■ 商店街逸品名品テストマーケット2019 次世代を担う青年部員が、逸品・名品の数々を近隣の学生と連携して市場に一斉に披露し、直接消費者の反応をリサーチし、今後の商産学連携を踏まえた商店街振興の活動に役立てる。 ■ 愛商連販売促進支援事業(あしたん補助金) 会員等が行政の支援事業の対象にならない小規模な事業費でもって、地域商店街の賑わいや販売促進を図るために行うイベント等の経費の一部について支援を行う。

    2. 地域連携事業

      東海地域をホームタウンとするプロチームである、中日ドラゴンズ、名古屋グランパスエイトや地域密着を揚げる組織等と連携することで、多方面から商店街を支援する体制を整え、にぎわいづくりへの幅広い活用を図る。

    3. 支部組織強化事業

      支部・単組の組織強化及び支援を行う。

  • 4. 商店街マネージャー事業

    県内6ケ所に商店街マネージャーを設置し、商店街等のイベント事業の企画・運営補助や事務処理等に関する相談・指導を行い、支部内商店街等の活性化を図る。

  • 5. 消費税軽減税率対策窓口相談等事業

    消費税率の引上げや、消費税軽減税率制度の導入、その他制度変更の円滑な実施に向けて、制度の周知及び対応の促進、講習会の開催、相談窓口の設置等の事業を行う。

  • 6. 交流事業

    愛知県商店街振興組合連合会の総会交流会及び新年祈念会を実施し、会員間の交流を図る。

  • 7. 共済事業

    1. 愛知県中小企業共済協同組合の「生命傷害共済」「傷害共済」「経営者医療共済」への加入促進の強化
    2. 愛知県火災共済協同組合の「火災共済」「自動車事故費用共済」への加入促進の強化
    3. 車輌紹介事業の強化
  • 8. 愛知県商店街振興組合連合会創立55周年記念事業

    当連合会創立55周年を記念して、記念式典及び記念事業を行う。

  • 8. 庶務管理事業等

    1. 関係機関等が開催する研修会・会議への参加並びに連絡会議等の開催及び参加
    2. 表彰に関すること
    3. 前各号の事業に付帯する事
あしたん

愛知県商店街振興組合連合会

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
愛知県産業労働センター15F
[Tel]052-563-0550 
[Fax]052-563-0560